2007年01月24日

自然と共に。

venis.jpg


水に守られ、水と生きる町。
排除することだけが未来への道しるべとは限らない。
今そこにあるものこそ、本当に大切なものなのかもしれないね。
posted by anzu at 20:05| sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

ひそやかに。

yamaajisai.jpg


紫陽花よりもひそやかに、つつましく咲き誇る
見れば見るほど小さく鮮やかで
梅雨曇り色の空気にやわらかい光をもたらす山紫陽花
posted by anzu at 21:42| flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

瞬きもせず。

shizuku.JPG


きらめき落ちる 木の葉の涙
渦巻く思いは そのしずくに閉じ込めて
笑顔だけ明日に届けよう






posted by anzu at 18:30| flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

ほんわり陽気。

tento-mushi.jpg


菜の花満開の川土手で、ひとり道草。
posted by anzu at 12:14| etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

雪にぬれて。

yukitubaki5288.jpg


凍てついた花びらの色は、
よりいっそう鮮やかに透き通り、
優しくたくましく生きる色だった。
庭先の小さな寒椿。
posted by anzu at 13:57| flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

思い出。

motona-sea.jpg


この季節の夕暮れがいちばん好き。
海に沈む夕日に、様々な思いが脳裏をめぐる。
posted by anzu at 16:43| sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

あっという間。

kouyou4191.jpg

kouyou4168.jpg


景色は色鮮やかに衣装を変えながら、秋も終宴を迎えた。
あっという間だったナ。
ささやかだけど二度と訪れない時の思い出は
心の中にしっかり焼きつけて、
色褪せないようにしまっておこう。
posted by anzu at 14:59| etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

光の輪。

komorebi3993.jpg


木々の間からまっすぐ射し込む太陽。
あまりに眩しくてファインダー越しにのぞいてみたら、
森を優しく覆うような、まぁるい光の輪になったよ。

posted by anzu at 17:48| etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

もしも・・・。

tonbo3741.JPG


大空を渡る風に乗って飛び立てるとしたら
私はきっと、あなたという枝に止まるでしょう
優しくも強いその枝に、しっかりと・・・
posted by anzu at 10:37| etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

さざめく海へ。

umi-susuki3721.JPG


爽やかな秋晴れは、
心も足取りも軽やかにしてくれる。
風に吹かれて、どこまで歩こう。
あの水平線までは、どれくらいの距離があるのかな。
posted by anzu at 13:09| sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。